プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2013/08/09 (Fri) 23:06:19
運用経過(2013年08月09日)
 8月8日(木)の16時頃に緊急地震速報が流れたが、結果的に誤報であった。仕事中であったが、私の携帯電話の他に周りの人の携帯電話も一斉に鳴り出し、何かが起こる!と感じさせるものであった。幸いにも、震度1にも満たないような地震で終わり、東日本大震災のようなことにはならず、よかった。

 この緊急地震速報の誤報のせいで、新幹線は一時止まり、その他のJRや私鉄なども一時混乱に陥ったようで、とんだ災難だったところもあったようだ。

 今回のことで、地震予知の難しさを感じるとともに、しっかりと確立されていない技術や情報をどう役立てるのかは本当に難しいとあらためて思った。

 日本の株価はまた大きく乱高下している。夏休みで株式の売買高が減っていて、少しの売り買いが相場に大きく影響を与えているところもあるようだが、ちょっと動き過ぎではないかと感じる。もう少し落ち着いた動きになってほしいところだ。

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

2013年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(10)
コメント

初めまして。
最近、インデックス投資のブログを始めたAKIと申します。
これまで適当にインデックス投資を行ってきたのですが、投資金額を増やして本格的に取り組んでみようと思っています。

それでアセットアロケーションで悩んでいます。
fundstoryさんは、株式クラスへの投資がかなり多いようですが、どのようなお考えでこういうアセットアロケーションにされたのかお教え頂ければ嬉しいです。
2013-08-12 月 22:27:19 | URL | AKI #- [ 編集]

>AKI さん

 はじめまして。
 私のアセットアロケーションで株式クラスが多いことに確固たる理由がある訳ではないのですが、強いて言えば、リスクを取らない安全資産を多く持っていること(安全資産の具体的な金額は公開してませんが)、リスク資産への投資金額自体がそれほど多くないことですかね。それほど多くないリスク資産の中で株式クラスを多くしたところで、全資産でのリスクは大きくならないですからね。全資産で見ると結構保守的だと思います。
2013-08-13 火 22:49:15 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


ご回答ありがとうございます。
インデックス投資家にしては珍しく高リスクのアセットばかりだったので、質問させて頂きました。
公表外の安全資産が多いため、そこまでリスクは取っていないということだったんですね

>リスクを取らない安全資産を多く持っていること

これは生活防衛資金以外で安全資産を多く持っているということでしょうか?

その場合ですが、公表されている部分は全体のアセットアロケーション考えた上での投資割合と考えてよろしいでしょうか?
2013-08-14 水 10:14:20 | URL | AKI #- [ 編集]

> AKI さん

 安全資産には生活防衛資金も含めてますね。リスクを取らない安全資産と、リスクを取るリスク資産とに分け、リスク資産はアセットアロケーションで株式や債券などで分割しています。安全資産とリスク資産の割合は結構いい加減であまり厳密にはやっているとは言えませんね。
 人それぞれで取るべきリスクの大きさも違うと思いますし、投資に対する考え方も違うと思いますので、本当にアセットアロケーションは様々だと思います。
2013-08-14 水 10:43:13 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


全体としてのアセットアロケーション管理は厳密には行っていないとのこと、ご回答ありがとうございました。

この辺をどういう風に考えていくのか、十人十色ですね。
多少の曖昧さがなければ投資を楽しむこともできませんし。

私の場合、これから本格的にインデックス投資を始めるところなので、いろいろなことが決まっていません。

生活防衛資金と投資資金については、私の投資法はTAAなので別管理の方がいいかな、と思っています。
2013-08-14 水 11:57:08 | URL | AKI #- [ 編集]

> AKI さん

 おっしゃるように楽しめる部分が必要だと思います。そのためにも過大なリスクを取り過ぎないなど、楽しめるような環境を作っていくことが重要ではないかと思います。実際に始めてみて分かることも多いと思いますので、じっくりと自分の納得のいくアセットアロケーションを築いていってみてはいかがですか。
2013-08-14 水 12:17:37 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


アセットアロケーションってそれこそバリエーションが無限にあるから決めるのって難しいですね。
私は決めきれなくて・・・。
それでいま投資をしているeMAXIS バランス(8資産均等型)と同じ配分にしようかと考えています。

皆さんはどうやってアセットアロケーションを決めているんでしょうか!?
2013-08-14 水 21:42:55 | URL | AKI #- [ 編集]

> AKI さん

 おっしゃるようになかなか決めきれないというのは非常に分かります。
 ただ、唯一の正解というのもないですし、一度決めたらもう変えられないというものでもないので、まずは自分で気に入ったアセットアロケーション比率で気楽な気持ちで始めてみて、その後でダメだと思ったところは軌道修正していけばいいんじゃないかと思いますけどね。将来、年齢などによってもアセットアロケーションは変化させていくべきもののようですし。
2013-08-14 水 22:17:40 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


おっしゃるとおりですね。
あとで修正すればいいものなので、もっと気軽に始めてみます。
ありがとうございました。
2013-08-15 木 16:42:53 | URL | AKI #- [ 編集]

> AKI さん

 これだけアセットアロケーションで悩まれているというのは、かなり勉強されていると思いますので、仮に
AKIさんに合わないアセットアロケーションで始めてしまったとしても、すぐに気付いて修正できると思います。世の中、思ったように進まないことが多いと思いますので、その都度軌道修正していくのがよいと思います。
2013-08-15 木 22:37:35 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。