プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/06/16 (Sat) 23:36:28
外国債券ETFの購入について(その1)
 先日、楽天証券で外国債券のETFが取り扱われることを書いたが、その後この外国債券ETFを買おうかどうか考えたのだが、買うかどうかの前に、自分が外国債券ETFについては非常に勉強不足であることに気づいてしまった。

 まず、楽天証券で取り扱われることになった外国債券ETFは

  • iSHARES LEHMAN AGGREGATE BOND (AGG)

  • iSHARES LEHMAN TIPS BOND (TIP)


だが、どちらもヨーロッパなどを含まずアメリカのみであるので、このETFだけでは世界分散ができないことが問題だと思った。したがって、世界分散投資するためにはヨーロッパ等の債券のETFが必要なのだが、そのような具体的なETFをお恥ずかしいことに全く知らないのだ。


 それで、Googleなどで日本語のページを調べてみたが、ヨーロッパ債券のETFに関する情報が見つけられず、仕方なくアメリカのmorningstarのページで調べてみたのだが、英語なのでいまいちよくわからなかった。私が見たところではアメリカ市場ではヨーロッパ債券のETFは見つからなかった(英語がよくわからないので見落としている可能性が大ではあるが)。

 それでisharesのイギリスのページで調べてみたところ、さすがに、以下のようなヨーロッパ債券のETFが存在した。

  • iShares € Corporate Bond (IBCX)

  • iShares € Government Bond 1-3 (IBGS)

  • iShares € Government Bond 15-30 (IBGL)

  • iShares € Government Bond 3-5 (IBGX)

  • iShares € Government Bond 7-10 (IBGM)

  • iShares € Inflation Linked Bond (IBCI)

  • iShares £ Corporate Bond (SLXX)

  • iShares £ Index Linked Gilts (INXG)

  • iShares FTSE UK ALL Stocks Gilt (IGLT)


 ただ、これらのETFはヨーロッパの市場にしか上場されていないと思われ、また、楽天証券などでもヨーロッパの市場に上昇されているETFを取り扱うのはアメリカ市場に上場されているものに比べてもハードルが高いのではないかと思われる。したがって、これらのヨーロッパ債券のETFを日本で購入するのは当面難しいことが予想される。

 ところで、外国債券のインデックスの1つである「シティグループ世界国債インデックス」の国別比率(日本を除く)はどうなっているのだろうか?調べてみたところ、ざっくり次のようになっている(数字はかなり丸めている)。

  アメリカ   30%
  ユーロ圏   55%
  イギリス   10%
  その他     5%

 株式に比べるとアメリカの比率が低くヨーロッパの比率が高い。したがって「シティグループ世界国債インデックス」に近い比率で債券投資を行おうとするとアメリカ債券だけでは不十分でヨーロッパ債券がどうしても必要となる。

 現状ではヨーロッパ債券のETFが購入できないので、アメリカ債券ETFのiSHARES LEHMAN AGGREGATE BOND (AGG)に、通常の投資信託を組み合わせる方法が考えられる。ただ、ここでもヨーロッパ債券の投資信託を知らないことに気づいてしまった。

 ヨーロッパ債券の投資信託を調べてみたのだが、手数料の安いものはなかなか見つからず、比較的安いものとしては

  フィデリティ FWF ユーロ・ボンド・ファンド

が見つかった。これはインデックスファンドではないようだ。投資運用報酬(信託報酬に当たると思われる)が年率0.75%に、その他の費用を加えると合計で約1.0%になる。

 仮に「シティグループ世界国債インデックス」の比率に近く、iSHARES LEHMAN AGGREGATE BOND (AGG)を30%、FWF ユーロ・ボンド・ファンドを70%の比率で組み合わせるとすると手数料は約0.76%となる。これだと、例えば通常の外国債券型の投資信託である年金積立インデックスF海外債券へッジなしの直近決算の手数料約0.75%とあまり変わらない。

 ETFを利用して世界分散投資を行うというのは債券では難しいようだ。では自分はどうするか。それは次回に書いてみたい。

※今回書いたエントリはいつもに増して間違いがある可能性があります。もし間違いに気付かれた方はご指摘いただけると助かります。
投資の考え方 | Trackback:(2) | Comments:(2)
コメント
外国債券ETFについて大変参考になりますね。勉強させていただいてます。トラックバック付けさせていただきました。今後、ちょくちょく来て勉強させてもらいます。
2008-08-17 日 15:49:19 | URL | lazy #- [ 編集]

>lazy さん

 トラックバックありがとうございます。
 実は債券については株式以上に投資に対する考えがあまりまとまっていないのです(大汗)。インデックスファンド、ETF、生債券とありますが、どれもイマイチで、どれに投資するのがよいのか考え中です。そのうち考えをまとめて実践したいと思っております。あわてずじっくり考えて、ダメであればまた修正して、の繰り返しだと思っておりますので、時間がかかると思いますが。
2008-08-18 月 00:39:11 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

乙が、苦労の末、やっと購入できた ETF です。 乙はずっと前からユーロ建ての債券に投資したいと思っていたのです。 2007.1.23 http://otsu.seesaa.net/article/31935728.html ユーロ建ての国債に直接投資することも考えました。 2006.9.1 http://otsu.seesaa.net/artic...
【2007-12-20 Thu 05:23:30】 | 乙川乙彦の投資日記
前回もhttp://lazy-portfolio.cocolog-nifty.c
【2008-08-17 Sun 15:39:17】 | hard workers portfolio
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。