プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2014/06/30 (Mon) 22:54:29
過去の14年間を振り返って
 1年に1度、積立投資を始めてからのことを振り返っているが、今年は少し早めに、今年の上半期が終わるタイミングで振り返ってみることにした。

 この14年間の資産残高の推移と損益率の推移は以下のグラフとなる。

資産残高推移(2000年07月-2014年06月)

 このグラフをパッと見てもこれと言って感じることはないかもしれないが、赤い折れ線の損益率(右軸)をみると、0%を境に上下に大きくぶれている。0%より上の場合は利益が出ているのだが、0%より下の場合は損失が出ていることになる。


 下は-30%を下回り、上は50%を上回る。-30%と言ってもピンとこないかもしれないが、元本が100万円なら30万円の損失、元本が500万円なら150万円の損失だ。これは大きい。いずれ戻ると分かっていれば、大したことはないが、大きく下がっている時には総じて悲観モードでまだまだ下がるという雰囲気の中、大きな含み損を抱えて耐えなければならない。これは結構辛いものだ。しかも、0%を下回る期間がかなり長かった。この長い期間、耐え続ける辛さは、実際に経験した者でないと分からないだろう。

 しかし、ある程度このようなことを経験すると慣れるもので、また、いつかは分からないが、おそらく戻るだろうとの感覚を持てるようになり、下がれば安く買えてうれしいと思えるようにまでなる。

 そんなことを経験して、今はいい感じで利益が出ているが、この先また大きく下がり、マイナス圏に陥ってしまうのではないかという思いは、常に頭の片隅にある。2006年から2007年にかけて大きな山を作った後に下げてマイナス圏に落ちているが、この時のようにこの先も大きな山を作り、せっかく築いた利益を吐き出してしまうことがあるだろうと思っている。そうなったとしても、慌てず、冷静でいられる自信はある。それがこの14年で得た成果なのかもしれない。

 グラフを見るように、株式での運用は上下に大きくぶれる。簡単に利益を上げることはできない。利益を上げたと思っても、1年後、2年後にはその利益を失って損失を抱えてしまうこともある。含み損を抱える期間も相当長くなることもある。株式での運用はそんなことを覚悟する必要がある。決して安易に手を出すものではないと思う。株式での運用を始めたばかりの人、これから始めようとしている人には、そんなことを気を付けてほしいと思う。


 7年半続けてきたこのblogですが、都合により、しばらくの間、更新をお休みさせていただきます。これまでお読みいただきありがとうございました。長い期間お休みさせていただくことになると思いますが、再開する時にはまたよろしくお願いします。
投資の考え方 | Trackback:(1) | Comments:(9)
コメント
お疲れ様です。

一番長いインデックス投資歴をお持ちのfundstoryさん。データ自体がとても重みがあり、貴重でした。

またお会いできることを期待して気長にお待ちしていまーす。
2014-06-30 月 23:31:25 | URL | yb #L8AeYI2M [ 編集]

> yb さん

 インデックスファンドに投資を始めた時にはインデックス投資を行うという意識はなかったのですが、今ではインデックス投資という言葉が市民権を得た感じで、それなりの成果も出るとの思いも持てて、今後も自信を持ってインデックス投資を行なっていけると感じています。

 ybさんは海外留学から戻られて、なお一層お忙しいようですが、またblog上だけではなくオフ会などでもお会いできたらと思っております。
2014-06-30 月 23:51:10 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

ブログ運営7年、お疲れさまでした!
いつの日かまた復活されることをお待ちしております。
2014-07-01 火 07:37:04 | URL | 水瀬ケンイチ #JalddpaA [ 編集]

毎週末、楽しみに拝読しておりました。

お休みされるとのこと残念ですが、英気を養いパワーアップされ再開されることを切に願っております。

ありがとうございました。
2014-07-01 火 12:26:04 | URL | ishi #- [ 編集]

週末にfundstoryさんの記事とデータを見ないと調子が狂ってしまいそうですが(笑)、お帰りを気長に待っております!

今回の14年間の資産データも大変貴重なものだと思います。
2014-07-01 火 14:48:26 | URL | 虫とり小僧 #YHpFg9Og [ 編集]

> 水瀬ケンイチ さん

 ありがとうございます。
 また再開できるようにしたいと思います。
 水瀬ケンイチさんのblogは見続けるつもりですので、よろしくお願いします。


> ishi さん

 ありがとうございます。
 おっしゃるように、英気を養って、また戻ってきたいと思います。


> 虫とり小僧 さん

 最近は更新頻度が落ちていましたが、見ていただいていたことに感謝します。
 blogの更新は止まっても、データは引き続き取得するつもりですので、そのデータを持って、また再開したいと思います。
2014-07-01 火 23:44:08 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

14年間の積立て投資の推移は大変貴重なデータだと思います。
株式での運用を始めたばかりの人、これから始めようとしている人には是非この変動幅を見ていただきたいですね。
同時期にblogを始めて書いてきた仲間が減るのは寂しいですが、復帰をお待ちしております。
2014-07-05 土 08:37:40 | URL | じゅん@ #mQop/nM. [ 編集]


長い間ありがとうございました。

「ドルコスト積み立て」「資産分散」「長期継続」「忍耐・冷静・不惑」「コスト削減」「記録・学習・思考」サラリーマンの資産運用の見本を確認するブログでした。オークはfundstoryさんのリンクから、有名ブロガーさんを訪問していました。これからどうしようかと困惑しています。再開の時を心待ちにしています。
2014-07-05 土 09:31:41 | URL | オーク #- [ 編集]

> じゅん@ さん

 ありがとうございます。
 簡単に儲けられると思って株式投資を始める人が多いように思うので、そうではないことを知ってほしいですね。
 また、復帰した時にはよろしくお願いします。


> オーク さん

 ありがとうございます。
 このblogが見本になっていたかどうか、あやしいところも多かったと思いますが、一区切りすることにしました。
 オークさんのように重要なことを学ぼうとする姿勢は大事だと思います。きっと資産運用がうまくいくと思います。
 また復帰した時にはよろしくお願いします。
2014-07-05 土 22:40:59 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【9月27日終値ベース運用状況速報】 ■投資元本(待機資金含む) 59,930千円 ■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み) 26,699千円 ■損益率 44.6% ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ (ふむふむ、9年足らずで1億円ね...。) 老舗インデックス投資ブロガーさんが、当人のブログにてインデックス投資で1億円に到達したことをカミングアウトする記事を拝見しまし
【2014-09-07 Sun 23:26:20】 | 資産運用でスーパーカーを手に入れよう!
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。