FC2ブログ
プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
2019/10/05 (Sat) 08:20:21
2019年10月から消費税増税が行われたが
 2019年10月から消費税増税が行われた。一部の食品などは消費税率8%に据え置かれたが、消費税率が8%から10%に上がり、税負担は確実に重くなる。仮に年間200万円消費するとし、そのうちの150万円の消費税率が2%上がったとしたら、3万円の増税となる。3万円あったら家族で結構美味しいご飯が食べられる。

 ただ、来年6月まではキャッシュレス決済による還元もあり、これをうまく活用すると税負担は重くはならない。今週、コンビニで消費税率8%の買い物をしたが、クレジットカードで支払ったところ、レシートを見ると2%の還元があった。消費税率10%のものだけではなく、消費税率8%に据え置かれたものの買い物であってもキャッシュレス決済だと還元があるように見える。



 このように、以前より税負担が軽くなるようなことがあってよいのか?と思った。正直言って、少し得した気分にもなったが、何のための消費税率アップかを考えると、やはりこれはおかしいのではないかと思うのだ。必要な税金はきちんと払う代わりに、有効に、正しく使うようにしてほしいと思う。

 今後も消費税率のさらなるアップが予想されるため、税金は有効に使ってほしいと思う。血を搾られるような苦労をして納める税金という意味の「血税」という言葉があることを、決して忘れないでほしいと思う。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
  • 新生銀行
    新生銀行の他、セブン銀行や郵便局など提携金融機関のATMの手数料が24時間365日いつでも実質0円。インターネットでの振込手数料が月1回まで0円(取引内容により月5回や月10回まで可となる場合あり)。(2013/4/1現在)
投資の参考になった本
その他